京都の本屋・カフェ・ブックカフェ

【ドゥリムトン村】京都の中の小さなイギリス

京都、亀岡に小さな英国の村があります。今回訪れたドゥリムトンヴィレッジは、レストランエリアと、宿泊エリアを備えた施設。宿泊エリアはお泊りの方のみが入れるそうですが、レストランの利用だけでも、イギリスの田舎の村の雰囲気を楽しむことがで...
本を片手に京都をめぐる

【井上章一「京都嫌い」】京都を斜めに読み解く【舞妓を支える、お坊さん?】

皆さま、住んでいる地域、出身の地域に誇りや親しみをもっていますか?特に関西圏に住んでカルチャーショックだったことの一つ。皆さん、地元愛がすごいのです。大阪は人情を、神戸はハイカラなお洒落感を、自分の街の誇りとしてもっています。京都は...
「鎌倉殿の13人」登場人物を読み解く

【鎌倉殿の13人】北条義時・三浦義村、盟友二人の活躍と暗躍

大河『鎌倉殿の13人』の主人公、北条義時の活躍は源平の合戦の後、主君頼朝が没してからの方がメインでしょう。質実剛健な姿、頼朝の忠臣という姿だけが義時の本質ではありません。彼は、将軍という存在をただの象徴とし、実質の政権奪取に成功します。北条...
「鎌倉殿の13人」登場人物を読み解く

【鎌倉殿の13人】北条義時・三浦義村、盟友二人が目指したもの

鎌倉幕府は言うまでもなく、源頼朝が開いた政権でした。しかし源氏の血が途絶えても、朝敵として戦を仕掛けられても、崩壊することはありませんでした。そこには、大河「鎌倉殿の13人」の主人公、北条義時の活躍がありました。彼は関東の武士たちの信頼を勝...
「鎌倉殿の13人」登場人物を読み解く

【鎌倉殿の13人】不動明王に守られた?!謎の僧【文覚】

源平合戦において、頼朝の挙兵のきっかけをつくったのは誰だったのでしょう。そこには数々の思惑がからんでいました。まずは頼朝本人の御家再興の想い。そして関東の土地を平家の圧政から守りたい、関東武士たちの想い。平家と利害が一致しなくなった後白河法...
京都のレトロ散策

【京都市京セラ美術館】モダン建築の京都【2021年9月25日~12月26日】

「モダン建築の京都」展は京都に現存する明治、大正、昭和の「モダン建築」を厳選。明治元年から1970年代初頭までに竣工した100の建築の中からさらに36のプロジェクトを選び、7つのセクションに分け貴重な資料とともに紹介しています。展示...
「鎌倉殿の13人」登場人物を読み解く

【鎌倉殿の13人】乳母が組織した?!頼朝親衛隊【比企尼・寒河尼】

頼朝の乳母として知られる人物は、比企尼、寒河尼、山内尼、三善康信の伯母の4人です。この内で、特に頼朝と篤い信頼で結ばれていたのが、比企尼と寒河尼でした。冷徹なカリスマ、頼朝が背中を預けることができた二人について、解説します。 比企尼(ひき...
「鎌倉殿の13人」登場人物を読み解く

【鎌倉殿の13人】内部スパイか?忠臣か?【梶原景時】

梶原景時 (1140年?~1200年) 頼朝に信頼された武士。鎌倉殿の13人の一人。 稀代の、”嫌われ者”梶原景時。大河「鎌倉殿の13人」では中村獅童さんが演じます。『義経記』などの書物によると、源義経を陥れた人物とされ、数々の...
「鎌倉殿の13人」登場人物を読み解く

【鎌倉殿の13人】頼朝のライバル 、でも交渉はからっきし!?【木曽義仲】

木曽義仲 (1154年~1184年) 木曽義仲(源義仲)は、後白河院の皇子・以仁王(もちひとおう)の子を擁し、頼朝とは別の思惑で平氏に反旗を翻した武士です。 頼朝が挙兵した1180年以降、大きな勢力としては、平家が京都を中心とし...
「鎌倉殿の13人」登場人物を読み解く

【鎌倉殿の13人】 質実剛健かつ策士。頼朝の遺志を継いだ武士【北条義時】

鎌倉幕府の二代目執権、北条義時。大河「鎌倉殿の13人」では、小栗旬さんが主人公として演じます。北条政子の弟で、三谷幸喜さんの例えでいえば、北条政子が「サザエさん」義時は「カツオくん」。義時は時流が合致しなければ、ただ関東の一武士に過ぎません...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました