森見登美彦

本を片手に京都をめぐる

【「有頂天家族」】訪ねる!森見登美彦の描く街【実在の場所・建物】

『有頂天家族』 森見登美彦著 幻冬舎文庫 初版平成22年8月5日 有頂天家族 アマゾンで買うなら 今回は、本の概略と、実在・空想の場所やアイテムをリストとしてご紹介します。 『有頂天家族』はこんなお話し...
本を片手に京都をめぐる

【六道珍皇寺】冥界への入り口があるお寺【有頂天家族】

不思議な井戸のある「六道珍皇寺」 以前ご紹介した、森見登美彦著『有頂天家族』。作中に出てくる六道珍皇寺、というお寺があります。作中では、主人公の兄(次兄)がこの六道珍皇寺の本堂裏の古井戸に「引きこもって」います。そこへ皆が訪れて、人には言...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました