【フランソア喫茶室】戦争の時代と闘った、京都の喫茶店

スポンサーリンク
フランソア喫茶室 6 京都の本屋・カフェ・ブックカフェ
DSC_1655

フランソア喫茶室

かつて、戦争へと大きく傾いていく気運のなかで、反戦のため闘った喫茶室の店主が、ここ京都にいたことをご存じでしょうか。

その闘い方は、タブロイド版の反戦雑誌『土曜日』を支援する、というもの。ペンと紙による、闘いです。

その「フランソア喫茶室」、開店したのは1934年(昭和9年)、それから86年変わらぬ場所で営業を続けています。行って参りましたので、ご紹介します。

 

フランソア喫茶室 外観

 

フランソア喫茶室 1

アンティークな店内。クラシック音楽が流れています。

現在のインテリアは、1941年に大規模な改装を行った時のデザインを、ほぼそのまま守り続けています。豪華客船のホールを思わせるイタリアン・バロックを基調とした装飾が施され、ステンドグラスが漆喰の白壁に彩りを添えています。

 

フランソア喫茶室 2

ステンドグラスからの光が入ります。

木屋町通りに面した淡いグレーの外壁には当時から2つの尖塔アーチ状のステンドグラス窓があります。レジカウンターの奥にはかつて大型の蓄音器が大量のレコードと共に置かれていました。店内中央部のドーム状の天井は、まさに客船のホールを連想させます。これらのデザインは、ベンチベニ自身がイタリアから日本へ移り住む際に乗った大型客船「コンテ・ヴェルデ(緑の伯爵)号」がモデルだと思われます。また、ステンドグラスは画家であった高木四郎の作です。

フランソア喫茶室 3

 

奥はドーム型の天井になっています。確かに豪華客船の船内のよう。タイタニックも、およそ100年前の豪華客船ですから、船内の再現された映画を思い浮かべても、あながち間違いではないでしょう。

フランソア喫茶室 4

シナモインシュガーのトーストとコーヒー。とても美味しくいただきました。

フランソア喫茶室ホームページ

 

スポンサーリンク

カフェー・喫茶店 当時どのように認識されていた?

その当時の喫茶店事情も少し、説明しておきましょう。

カフェーというものを日本に紹介した人物として、森鴎外や岩村透がいます。
森鴎外は『うたかたの記』で、欧州にある、芸術や文化が交わり発酵する空間としてのカフェーを登場させます。また、女給がエプロンをつけて給仕するという観念も表現されました。
『舞姫』では、カフェーに「客を延く女」が描写され、カフェーと性の関係も暗示されました。

岩村透は『巴里之美術学生』で「日本に、そして東京に芸術家が集まるクラブやサロン、あるいはカフェーのようなものが全くない」と嘆いたそう。

カフェーを望みその設立を促したのは、若い芸術家・文学家たちでした。

まず、洋風のカフェーというものが、日本に開店したのは、東京・銀座が早く、1911年(明治44年)のこと。
京都にも、同年、カフェーと定義される店が「寺町」や「吉田」にある、と「京都日出新聞」に奏輝男のエッセイとして記述されています。1912年には、「京都日出新聞」に「京都のカフェー」という記事も記載されました。カフェーは繁華な街、学生街、そして花街の近くに、増えていきました。そして、この記事でもすでに女給的な存在、女性の給仕が注目され、カフェーの重要アイテムと捉えられていたようです。

京都の場合、1910年代のカフェーは市電路線の拡充とともに増えていきました。

全国規模でも「中央公論」が文壇などで活躍し始めた新人にアンケートをとり、その際新時代の「流行の象徴」とされたのが「自動車」や「活動写真」と並んで「カフェー」でした。

1920年代には「女給」という言葉やコンセプトがカフェーと結びつきながら世の中に広まってゆきます。1922年(大正11年)新聞社による女給人気投票まで行われました。

1920年代のなかばからは、映画の撮影所が京都に集まり、京都が日本のハリウッドとまで呼ばれます。新聞社主催の「大晩餐会」がカフェーロイヤルで開かれるなど京都の映画界と大々的に関わることとなりました。

カフェーロイヤルのように規模の大きなカフェーはだんだんとダンスホール化していきます。この社交ダンスという要素はその後社会問題化。京都でも1927年に入り、警察は厳しくダンスを取締るようになります。1928年あたり以降は、音楽、ジャズが大流行します。ダンスがカフェーを席捲した時と同様、ジャズの高まりに対処すべく、ここでも警察による介入が試みられました。「新しいこと、西洋的なこと、風紀における自由な在り方は、社会秩序を乱し、若い人々を不良化する」という図式が警察や内務省の見解でした。

実際に、カフェーの営業形態は1910年代から比べると大きく変わっていました。特に、女給を商品化してしまったという点は、大きな違いです。そして、女給に対しても、警察の取り締まりは厳しくなっていきました。

1932年~35年(昭和7年~10年)カフェーに代わって店舗数を伸ばしたのは「喫茶店」でした。ここでいう喫茶店は、女給による「いかがわしい」「接客」をしない店として、差別化を図っていました。

フランソア喫茶室が誕生するまでのカフェー・喫茶店事情というものの変遷をご紹介しました。

フランソア喫茶室と新聞「土曜日」

ここにきて、やっとカフェ・喫茶店が日本に紹介された当初の目的に立ち戻ったようなかたちとなりました。しかし、世間は第一次大戦の好景気も終わり、関東大震災を経て不景気と閉塞感のなかにあったようです。政治の上では軍部の暴走も度々みられはじめました。国際的な軍縮の動きに、軍部は反発していたのです。

国民の見方も、軍部に賛同する向きがあったとする歴史書物もあります。日清戦争、日ロ戦争と勝利した記憶や、第一次大戦の軍需に沸いて発展してきた半世紀の後ですから、当然の気運かもしれません。

そんな情勢のなかで、反戦を掲げた文化新聞『土曜日』。

『土曜日』は、1936年7月4日に京都で創刊された隔週新聞である。戦争や軍事へと傾斜していく当時の日本社会を、市民や文化の側面を通して、平和や自由へとつなぎとめようという小さな試みだった。

そしてこの『土曜日』を店内に置き、新聞の活動を支援、新聞に店の広告も出していたのがフランソア喫茶の創業者、立野正一。

フランソア喫茶室の創業者である立野正一(たてのしょういち/1908年生まれ)は画家を志していましたが、尊敬する先輩の影響を受け、美術学校を退学して労働運動に関わり、活動家たちの資金を支援しようと1934年に喫茶店を開店。

まさに、欧州での革命家のアジトのように、森鴎外や岩村透が伝えたカフェのように、この店は機能していました。

1937年、創業者の立野正一は、治安維持法により、逮捕・投獄されます。妻であった佐藤留志子が店の経営を続け、現在まで続いてきた、という店なのです。

フランソア喫茶室 5

いかがでしたか?戦争の時代と闘った、その歴史を知りながら、ぜひ、本を片手に訪れてみては?

参考文献 『幻の「カフェー」時代』淡交社 斎藤光著

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました