神社のいろは① 「八百万の神様」と「祈りの場」

スポンサーリンク
伊勢 夫婦岩 神社、お寺の解説

神社とは、「神道」の神様を祀る場所。それは、皆さんもご存じかと思います。

では、その「神道」についてはご存じでしょうか?今回は、分かりやすく、簡単に「神道」について解説します。

スポンサーリンク

神道ってなんだっけ?

神道は、日本人が自然や祖先、歴史上の偉人を恐れ敬うところから始まった宗教です。

学術的な分類や、「穢れ」「禊ぎ」「祓い」といった用語はまた、別ページを作っていますので、今回は大まかな神道の考え方の紹介をしていきます。

八百万の神様

神社が祀っている神様をみてみると、「日本神話に登場する神様」「自然を司る神様」
「偉人が祀られてなった神様」大きくこの3種類です。
そして、「神話に登場する神様」はほとんど「自然を司る神様」です。
「神道」は、自然そのもの、自然が起こす現象、動物、これらを、神聖なものとして扱ったんですね。

さらに、その自然から恵みをうけ、災害を乗り越えて、生活を勝ち取ってきたご先祖や、
自分たちの共同体を守った偉人たちも祀ってしまえ、という汎用性の高い宗教でもあるんです。

 

     神の種類            神々の例
日本神話に登場する神様 「天つ神」伊邪那岐命、伊邪那美命、

天照大神(アマテラスオオミカミ)など

「国つ神」スサノオノミコト、

大国主命(オオクニヌシノミコト) など

自然を司る神様 天照大神→太陽

カグツチ→火

大山祇神(オオヤマツミ)→山 など

偉人が祀られてなった神様 八幡様(源氏の氏神) 厳島明神(平氏の氏神)

崇徳天皇 藤原道真 など

神道の参拝の場「神様はそこにいる」

キリスト教の神やキリスト、仏教の仏、イスラム教の神などは教会や寺院にはいません。
施設は礼拝を行うための場、神や仏はあくまで天にいる、と考えられています。

ところが神社はまさしく神がいる場、なのです。
日本の古代の人々は、神様は特別な日や時期に「依代」に宿ってあらわれる、と
考えました。「依代」は常緑樹だったり、岩や石であったり、山そのものであったりします。

常緑樹なら「神籬」(ひもろぎ)、岩や石なら「磐境」(いわさか)、山なら「神体山」(しんたいさん)とよびます。

『この神社の「ご神体」は~です』といった説明をよく聞くと思います。それのことですね。

さて、その「依代」に神が降臨する日に祭壇を設け供え物をして迎えます。この迎える場を「屋代」(やしろ)と呼んでいました。
後に「社」となり「神社」の語源となったものです。当初は、「屋代」は祭りが終われば撤去されていましたが、「依代」のある神聖な地を守ろうと、周囲に常緑樹を植えたり、玉垣(たまがき)を結って、次第に祈りの場が常態化したようです。

自然を神とする以外でも氏神信仰では祖先に対し、神になっても住む場所が必要だろうという考えから、特定の場をつくるようになります。

仏教が伝来し、寺院という建物の存在が知られると、神道もその影響を受け、常設の宗教施設としての神社がつくられるようになっていきました。

以上から、神社は「まさしく神のいる場」であること、お分かりいただけたかと思います。
神様に直接お会いできるかも、と考えると、嬉しく有難い気持ちになりますね。

祈りについて 「自分の利益を祈って大丈夫」

神社は古くから、私たち日本民族の、現実世界での利益を祈る場でした。

台風や地震、日照りなどの自然災害から逃れる、あるいは起きてしまった災害を
鎮めてもらうのも現世利益です。
豊作、商売繁盛、勝運祈願、縁結びに金運など、色々な願いを掛けられてきたのですね。

自己の内面を見つめ、お願い事などせず、品行方正でいなさい、という無欲を良しとする宗教とは少し違うのです。
神社においては、人間が持つ欲求を否定する訳ではないのですね。
ですので、自分の心を偽らず、お願い事をしてみましょう。

もちろん、神様の前に居るのですから、マナーはきちんと守りましょう。

(もちろん普段からマナーは守るものですが。)

周りの人を押しのけたり、大声をあげたりしてはいけませんよ。

私は、参拝するとき、神様へのご挨拶と、自分の住所や名前を名乗ってから、お礼やお願い事をしています。(声には出しません。)
神様の側からすれば、日に何十人、何百人と来られて、祈られているのでしょうから、

自分がどこの誰かを名乗るくらいしないと参拝したことに気付いて頂けないかなと、思うのです。

普通に人と人であっても、マナーを守らない人のこと、助けたいとは思いませんよね。

皆さん、マナーには気を付けながら、存分にお願い事をしてみてください。

終わりに

ここまでみると、神道って、懐の深い宗教だということが分かりますよね。
全てのものに敬意をはらい、支配しすぎず、共存しようとしてきたんだと考えられます。

このことが、後の仏教や儒教の伝来による融合、キリスト教伝来による共存も可能にしているのです。

「生活道具や、お米の一粒一粒にまで神様がいるよ」と、私は母から聞いて育ちました。
自分は無宗教だと思っている、多くの日本人もきっとこのフレーズを聞いたことがあるはずです。
「神道」って、お祭りや初詣だけでなく、生活でも馴染んでいるものなんですね。

 

今回の記事の参考文献

『常識として知っておきたい 日本の三大宗教』(株式会社河出書房新社)

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました