【鎌倉殿の13人】全てが計算?!冷徹なカリスマ、初代”鎌倉殿”【源頼朝】

スポンサーリンク
源頼朝 「鎌倉殿の13人」登場人物を読み解く

三谷幸喜さんの手掛ける「鎌倉殿の13人」。登場人物は、それぞれ強烈な個性の持ち主ですね。平安時代を終わらせ、鎌倉時代に突入するその時、彼らはどんな思惑で動いていたのか。今回は、その始まりの『鎌倉殿』、大泉洋さん演じる源頼朝について、ご紹介します。

基本情報

1192年鎌倉幕府を開いた。
「御恩と奉公」将軍と御家人との主従関係を、相互に義務を負う、契約的なものとし、定着させる。
「守護・地頭」を置いた→次第に朝廷から政治の実権を奪う。
武家政権の創始者 武家政権を築き、武家政権を代表する地位が征夷大将軍である、という慣習、将軍の他と隔絶した地位を習慣化した。
武家政権は、以降、680年間続く。
実績は『吾妻鏡』に詳しく記される。
スポンサーリンク

冷徹なほど合理的なリーダー、源頼朝

源頼朝と言えば、前述の通りその歴史的偉業で有名ですが、人格は「冷酷な政治家」と評されることが多いようです。

頼朝は、多くの同族や兄弟を死に追いやり、自ら兵を率いることが少なく、主に政治的交渉で鎌倉幕府の樹立を成し遂げました。

叔父であっても追討令を出し、謀反の疑いがわずかでもあれば、弟でも許しません。
例えば謀反を疑われた弟の一人、範頼は、源平合戦を義経と共に勝利へと導いた立役者でもありました。
他家の仇討ち事件のどさくさに、頼朝の安否が分からなくなり、動揺する政子を慰めるため「源氏にはまだ、自分がおります」と言ったことが、謀反を疑われる原因だったと『吾妻鏡』にあるのです。

義経に冷酷だった理由

義経追討に至る流れ

なかでも数々の功績のあった弟、義経を、4年の間追い続け、死に追いやったエピソードが何よりインパクトがあるでしょう。
腹心、梶原景時(後の鎌倉殿の13人の一人)による弾劾をそれほどまで信じ、激怒していたということなのでしょうか。この、梶原景時、当然ながら間者のように描かれる書物が複数あります。

義経を追う、頼朝は執拗でした。

歴戦のあと、鎌倉から追い返された義経が京でおとなしくしているところへ、頼朝は共に戦ってきた叔父行家を討てと難題を吹っ掛け、義経が断れば、行家と通じていると断じてしまいます。
その後、頼朝の命による襲撃事件を受け、義経は反旗を翻す形となりました。しかし、直前まで共闘して源平合戦を勝ったばかりの兄弟の諍いに、両者とも兵は集まりません。
御家人が集まらなかった頼朝は自ら出陣。義経は後白河法皇から頼朝追討の院宣を引き出しますが、やはり兵が集まらず郎党や行家と共に、戦わずに京を去りました。

それでも収まらない頼朝。北条時政を京へ送って朝廷に圧力をかけ、「守護・地頭」を認めさせます。これは当初、義経を捕縛する目的で鎌倉主導の警備権を許したものだった、と言えるでしょう。

さらに、奥州まで逃れた義経。そこは、頼朝が潰したい、藤原氏の土地です。当初義経を匿っていた、藤原秀衡。しかし彼が亡くなり、頼朝を恐れた息子の藤原泰衡は義経を討ちます。首は鎌倉へ送られました。
さあ、これで頼朝は満足したでしょうか。しないのです。

藤原氏を討つ許可を朝廷からもらわぬまま、奥州藤原氏を攻め、滅ぼしてしまいます。

さあ、どういう解釈ができるでしょう。

義経が持てなかった、政治的視点

戦で捕らえた敵の武士たちであっても、自分のために戦で働けば武功を認めるなど、チャンスを与えていた頼朝。
そんな頼朝が、なぜ義経に対しここまで執拗な”怒り”を持ち続けたのでしょう。そこにあったのは、本当に”怒り”でしょうか。冷徹な”計算”だったかもしれません。

義経を疎んじるようになった理由をいくつか挙げてみます。

1180年10月、頼朝と義経が再会した頃、頼朝には嫡男がまだ生まれておらず、頼朝は義経を後継者として考えていた節があります。しかし、1182年8月嫡男頼家が誕生。後継者問題は解消されます。

また、頼朝は義経の背後に奥州藤原氏の支援も期待し、義経を厚遇していました。(「平家物語」の「延慶本」では義経が頼朝の元に馳せ参じた際、奥州藤原氏の武将を連れていたとされます。)しかし奥州藤原氏は、1181年の平清盛の死を契機に頼朝支援を辞めてしまったのです

そもそもの、二人の再会当初から、頼朝の頭には政治的な計算がありました。ただただ兄弟の情だけで義経を厚遇したわけではなかったのでしょう。そして頼朝が義経を厚遇する理由は、一つ、また一つと消えていったのです。しかし、これらの状況の変化に、義経はあまり敏感ではありませんでした。厚遇されていたころのまま、振る舞ったようです。

さらに頼朝が義経を疎んじていく要因として、頼朝の許可なく、官位を朝廷から任官したことがあるでしょう。戦において梶原景時ら、頼朝の腹心の武士の進言や忠告をないがしろにしていたこともあげられます。その前後の義経の奮闘によって平氏を滅ぼすことができたとしても、組織としての危機管理や、鎌倉幕府の対朝廷の姿勢を理解しない義経は危険分子であると、頼朝は判断したのです。「東国武士の従うべきは頼朝ただ一人であり、朝廷ではない。兄弟であっても、その主従関係は絶対である。」それは、朝廷から独立した勢力を築くうえで、重要なことでした。しかし、義経はそんな兄の”計算”には気付いていませんでした。さらに、義経はあまりに強く、そして人望もありました。ライバルとなる可能性を潰す必要をも感じたのかもしれません。

地固めに利用された義経

いざ潰すなら、どのようにつぶそうか。そう考え始めた頼朝にとって、義経はまたとないコマでした。

この義経追討の流れを見ると、ただただ、頼朝に都合のいいように、物事が動いているようにも見えるのです。
第一に、朝廷を介さない統治をしていくために、「守護・地頭」という自分の直轄の権力を全国にしくことに成功しました。
『義経を始め平家の残党や木曽義仲の残党を倒して治安をよくするよ。→義経は捕まったけど、全国の警備はこのままやっていくよ。』

第二に、全国支配に邪魔な奥州藤原氏を、排除することに成功しています。
『義経を討たないとつぶすよ。→義経の首は届いたけど、奥州藤原氏は全国支配に邪魔だな。義経を匿っていたことが反逆罪だよね。やっぱりつぶすよ。』

こんな目算が見えてきませんか?自分の統治に反感を持つものは、逆賊扱いをされている義経に手を差し出すだろう。それを一網打尽にすれば、効率よく反対勢力を一掃できる。
つまり義経は、鎌倉幕府の政治基盤を固め、頼朝に権力を一元化するために利用されていたのです。

これを意識的にやっていたのが、源頼朝という人だとすれば。うすら寒いほどの、実利主義、合理主義者です。

頼朝と京都 頼朝の”冷徹な人格”を育んだ?

頼朝にっとっての京都とは、どの様な場所だったのでしょうか。彼は、少年期、宮廷に出仕しています。頼朝の祖先は清和天皇。頼朝はその系譜をひく河内源氏の人です。父は源義朝。
頼朝の母、由良御前も藤原氏の出で、高い身分の人でした。

母親の身分が高かったこともあり、頼朝は義朝の嫡男として扱われたようで、官位も与えられていました。

父、義朝 京都における成功と挫折

頼朝の父義朝は同族の内紛で一度都の地位を失っています。都から東国へ下向した義朝は、在地豪族を組織して勢力を伸ばし再び都に戻って地位を得ます。東国を基盤にもつ、源氏の棟梁。それが、頼朝の父義朝でした。(これに対し、西国を基盤に台頭してきた武家が平氏ですね)

戻った宮廷で起こった「保元の乱」では後白河天皇方として平清盛と共に戦い、戦功を挙げていますが、この戦いは、河内源氏が親子、兄弟を分けて争われました。戦後処理では義朝は父と弟を自らの手で処断させられています。義朝は「保元の乱」の戦功により地位を上げましたが、その後の「平治の乱」で敗走、死亡。この時は平清盛に追われる側でした。
子の頼朝はこの時14歳。捕らえられ、結果伊豆へ配流されたのです。
どうやら、この父親の生涯のあり方が、頼朝の生きかたに深く影響しているように思えます。

父親と共に出仕した朝廷では、天皇家を含む諸氏が兄弟であれ親子であれ、策を廻らし陥れ、陰謀渦巻く渦中にいたのです。他の兄弟たちが見なかった世界を、頼朝は見たことになります。かつての父親と同じように、都を追われた頼朝。しかし流された伊豆は、父が築いた勢力のほど近くでした。

宮廷や父の生涯から得た教訓

朝廷におもねる、従属することなく、独立した権勢を持つ方がよい。しかし、朝廷の全国に対する影響力や天皇の権威は大いに利用すべきである。
朝廷では血筋の良さだけでなく武力を溜めたものの地位は強く、影響力をもつ。朝廷は時の強者には逆らえない。
仕える相手を見誤ることは、身の破滅である。情報に通じていることは、何より重要である。
父であれ、兄弟であれ、自分を脅かす存在を野放しにはできない。やがて自分の首を狙うかもしれない。
政敵の子息に情をかけてはならない。自分のように虎視眈々と報復を狙うかもしれない。
このようなことを、父や自身に起こった事象から考えたのかもしれません。それだけ過酷な経験をした、ともいえるでしょう。

その上で、源平合戦の後の頼朝の朝廷への対応は、父親とは違うものとなりました。父親と同じ轍は踏まなかったのです。

飴と鞭を使い分け、姿を見せず支配者となる

頼朝は、戦に際しても、戦場に赴いて采配を振るうことは、あまりしていません。適材適所に、味方の御家人・同族・親戚・兄弟を配置、トップダウンで指示を出す、という戦い方をしました。御家人や親戚、兄弟には、完全な忠誠を求め、自身は軽々しく姿は現しませんでした。しかし、御家人らの行動や人となりは鋭くみており、一人一人の特性もよく見抜いていました。さらに「お前だけが頼りだ」と御家人を個別に呼んで関係を深める、飴と鞭の”飴”の対応も行いました。

これは、彼のカリスマ性、絶対的な君主であるというイメージを御家人たちに印象付けます。

京都に対しても、遠隔からの政治交渉で、朝廷を翻弄しました。

同族とはいえ、独自の思惑をで動いていた木曽義仲。義高という人質をとってはいましたが、ライバルとも言える義仲が先に平氏を破り、入京。しかし、後白河法皇に交渉した頼朝は、平氏追討の一の功労者は自分であると認めさせます。

その後も弟範頼、義経らを京に向かわせ、義仲を追い落とし、義経の謀反を疑えば、義父の北条時政を主な交渉役にたて、日和見的な朝廷に圧をかけ続けます。

1180年に兵を挙げてから、自身が入京するまでには10年の月日がありました。

朝廷に対してさえ、なかなか姿を現さなかった頼朝。東国平定のためでもあったこの行動は却って功を奏しました。姿を現さない実力者が、人を介して朝廷の一挙手一投足に快、不快を伝えてくるのです。
後白河法皇も、頼朝の意向を案じおろおろと、対応に悩んだ記述もあります。もはや朝廷の中核も頼朝の機嫌を取り結ぼうとしているのです。

かつて、父親は朝廷に評価されに、京に戻ったかもしれません。しかし、頼朝は、朝廷でさえ、対等か、それ以上の位置付けとして、交渉の相手となることに成功したのです。
父の義朝との大きな相違点でした。

満を持しての入京

1190年11月。いざ、源平合戦後に初めて入京した頼朝は、40日間の長さで在京。かつて父を介して出会っていた後白河法皇との対面は8回に及びました。飴と鞭の”飴”ですね。後白河法皇は頼朝に複数の高い官位を与えました。(在京をし続けるつもりが無かったためか、頼朝は辞退)

義経追討が名目であった「守護・地頭」についても、この在京中に頼朝の諸国守護権は公式に認められ、地頭は治安警察権を行使する恒久的なものに切り替わりました。

1195年、源平合戦後、二度目の入京は妻政子や嫡男頼家、娘大姫を伴いました。この際は大姫の入内を画策、丹後の局らに接触したようです。

日本で唯一、政権があった京都。陰謀渦巻く朝廷は、幼少期の頼朝の人格形成にも大きな影響を与えたでしょう。
しかし、最終的に頼朝はその求心力だけを利用し、事実上の支配権を京都から引き離した、最初の武家となったのです。

南関東の武士団による”神輿”だった一面も

富士川の合戦の直後に上洛を急ぐ頼朝を東国に引き止めたのは三浦義澄・千葉常胤・上総広常などの宿老であり、奥州攻めでも、「軍中、将軍の令を聞き、天子の詔を聞かず」と進言したのも大豪族の大庭景親でした。「守護・地頭」の設置を初めに進言したのは、大江広元です。

鎌倉幕府は一面では頼朝によって興された政権でしたが、他面では武士団の家の集合体でもありました。主従関係はきっちり示されましたが、頼朝も彼らの意見なしに突き進むわけにはいきませんでしたし、それが朝廷に対する、幕府の独立志向を後押ししました。

頼朝自身は親朝廷路線であって、家臣団により、幕府樹立がかなった、とみる向きもあります。様々な解釈ができるのですね。

いずれにしても、頼朝によって始まった武家政権というシステムは源氏の系統が途絶えても、以降680年にわたって続きます。

今回はここまで。また、頼朝の女性や家族についてのエピソード、「鎌倉殿の13人」に関する記事も書いていきます。良ければ見に来てください!最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

参考文献 「鎌倉北条氏河氏の興亡」奥富敬之著 吉川弘文館

「日本の時代史8 京・鎌倉の王権」五味文彦著 吉川弘文館

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました