【鎌倉殿の13人】初代鎌倉殿・頼朝と北条氏との関係が良く分かる!【年表】

源頼朝 「鎌倉殿の13人」登場人物を読み解く

こちらは、「平治の乱」後から、頼朝の死の頃までの、源頼朝と北条家を中心とした年表です。大河ドラマ「鎌倉殿の13人」の前半の頃に対応する部分です。参考にしてみてください。

幸せが途切れない【お守り一筆龍〜Power&Fortune Dragon〜】
スポンサーリンク

年表 頼朝と北条家

源頼朝 北条時政・義時・政子
1160年 2月~3月 頼朝の父・義朝「平治の乱」で敗れ、頼朝は伊豆へ流される(14歳)

比企尼の援助

頼朝の乳母・比企の尼の娘婿、安達盛長・川越重頼・伊東祐清や、佐々木定綱ら4兄弟が従者として仕えた
1171年 12月 京都・朝廷で清盛の娘・徳子(建礼門院)高倉天皇に入内
1175年 頼朝、伊東祐親の娘・八重と恋仲に(29歳)千鶴丸生まれる。→祐親怒り、頼朝は北条時政館へ逃れる 『曽我物語』によると千鶴丸は祐親の命により殺される
1177年 京都で、平重盛・宗盛(清盛の子)が左大将・右大将となる。
1178年頃 政子と婚姻。大姫生まれる 北条時政、義父となる
1179年 11月 京都で清盛、クーデター。後白河法皇、福原で幽閉される
1180年 5月 以仁王・源頼政挙兵・敗亡
8月 頼朝挙兵。三浦一族と合流できず、「石橋山の戦い」敗れ、房総へ逃れる。

後に、三浦氏合流。

上総広常・千葉常胤が加勢。

「石橋山の戦い」では時政・義時も参戦、房総に逃れた。 梶原景時大庭景親の一族だが、頼朝につく。

安達盛長、関東武士を糾合。千葉氏説得。

10月 武蔵国へ。足立遠元・葛西清重・畠山重忠・川越重頼・江戸重長ら従える。 時政・義時、甲斐武田氏と交渉、味方とする。
10月 富士川の戦い 武田氏が中核となり、平氏に勝利
佐竹氏討伐へ向かう途中、義経参じる
金砂上の戦い 佐竹氏に勝利

各地の豪族、平家に対し挙兵

頼朝、「勲功の賞」を行う。和田義盛を侍所別当とする
1181年 平清盛、死去。頼朝、後白河法皇に和平の提案、平宗盛これを拒否。戦いはこう着状態
頼朝、嫡男頼家生まれる。

義時、頼朝の個人的な側近とも言える「家子」の11人に選ばれる。

鎌倉に、伊豆武士団の面々、館を建てる
1182年 亀の前事件 時政の後妻・牧の方が政子に亀の前と頼朝の関係を密告。怒った政子屋敷を襲わせる
頼朝の対応に怒った時政、郎党と伊豆へ。義時は鎌倉に残る
頼朝と木曽義仲は従兄弟であるが、父同士が敵であり、別の勢力と捉えるのが妥当
1183年 2月 坂東平定。「本領安堵・新恩給付」始める 義時の阿波局との子、泰時生まれる
木曽義仲と武力衝突寸前となる。木曽義高を大姫の許嫁として人質にとる
7月 木曽義仲、入京。平家一門、都を去る。

反乱軍とみなされていた、頼朝の勢力は朝廷から認められる。

10月 京都で、法住寺合戦。法住寺殿は木曾義仲軍の襲撃を受ける。後白河法皇捕らえられ義仲の恫喝により、頼朝追討の院庁下文を発給する。
12月 上総広常殺される。
木曽義仲、頼朝上洛を恐れ、頼朝追討の命を望むが許されず。
1184年 1月 木曽義仲、後白河法皇を拘束。義経軍、義仲を破り、義仲粟津の戦いで敗死
2月 一ノ谷の戦い(範頼・義経軍勝利)

頼朝、義経を自らの代官として京に留まらせ、畿内の武士掌握。平氏追討の書状を九州・四国へ。

4月 頼朝、木曽義高を討つ 政子、義高を討ったことに怒る
8月 範頼を大将とし、平家追討軍、鎌倉を発つ。北条義時・足利義兼・千葉常胤・三浦義澄・結城朝光・比企能員・和田義盛・天野遠景ら。9月、西海へ。
10月 公文所(後の政所)開き、大江広元を別当にする

問注所を開き、三善康信を執事とする

1185年 1月 範頼から、兵糧と舟の不足、東国武士の不和を訴える書状届く

頼朝、安徳天皇や建礼門院の無事のため軍を動かさず、九州の武士から反感を得ぬよう記した書状を送る。九州の武士に向けても、書状を送る。

この状況をみて、義経は1月10日出陣

屋島の戦い(平家は海上へ追いやられる)
3月 壇ノ浦の戦い(平家滅亡)安徳天皇亡くなり、三種の神器の一つも失う。平宗盛捕らえられる
4月 義経の補佐をした梶原景時から義経を弾劾した書状が届く
5月 義経、平宗盛父子を伴い鎌倉へ入ろうとするが、許されず。「腰越状」 鎌倉入りはしたが冷遇された、という説もある
6月 義経、宗盛父子を斬首 頼朝出陣、兵は集まらず。
8月 頼朝、叔父・行家追討を義経に命じるが義経応じず。
10月 頼朝、義経邸を襲わせるも失敗。義経、後白河法皇から頼朝追討の宣旨を引き出す。
11月3日 義経、戦わず京を離れる
頼朝、朝廷に圧をかける。大江広元の進言で「守護・地頭」をおく

北条時政を京へ送る

北条時政、千騎を率い入京。頼朝の怒りを伝え、交渉。「守護・地頭」を認めさせ、朝廷内の改革も行う。朝廷は、重ねて、義経追捕の宣旨を出す。
1187年 義経、奥州へ逃れ藤原秀衡の庇護をうける 奥州合戦

全国の武士が動員され、頼朝と武士たちの主従関係を強固なものとした

1189年 藤原秀衡死去。藤原泰衡、義経を殺害

7月、頼朝、泰衡討伐に出陣。 9月平泉を征服、藤原氏滅亡。

1190年 11月 頼朝入京。後白河法皇と対面。

 

義時、頼朝と共に上洛。
諸国守護権は公式に認められ、地頭は治安警察権を行使する恒久的なものとなる。
曽我兄弟仇討ち事件
頼朝、大姫の入内を画策、丹後局らに接触

 

 

 

1192年 征夷大将軍となる

実朝、生まれる

義時、頼朝の仲介で姫の前を正室とする。(1193年朝時、1198年重時生まれる)
1193年 5月 富士の巻狩りにおいて、12歳の頼家鹿を射止める。
8月 範頼、謀反の疑いで、伊豆へ流される
1195年 2月 頼朝、東大寺再建供養出席のため、政子・頼家・大姫らを伴い上洛
1197年 大姫の死
1199年 1月 頼朝死去(53歳) この頃、時政62歳、義時37歳、政子43歳。

これ以降から、承久の乱までの年表は→

北条家の暗躍が始まる! ! 頼朝の死から承久の乱まで

神戸フランツのチョコが楽しい

 

【伊藤久右衛門】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました