【鎌倉殿の13人】頼朝のライバル 、でも交渉はからっきし!?【木曽義仲】

スポンサーリンク
木曽義仲 「鎌倉殿の13人」登場人物を読み解く

木曽義仲 (1154年~1184年)

木曽義仲(源義仲)は、後白河院の皇子・以仁王(もちひとおう)の子を擁し、頼朝とは別の思惑で平氏に反旗を翻した武士です。

頼朝が挙兵した1180年以降、大きな勢力としては、平家が京都を中心とした近畿近国、源頼朝が東海地方、木曽義仲が東山地方(山梨・長野・岐阜)を拠点にして三者がにらみ合っている状態となっていました。

頼朝と義仲は従兄弟。しかし父親たちは対立、義朝(頼朝の父)の長男によって、義賢(義仲の父)は討たれています。頼朝とは同族でありながら、別の勢力としてとらえるべき人物なのです。

源平合戦のこう着状態のなかでは、義仲が頼朝の叔父ら(頼朝からの待遇に不満をもっていた)を匿ったことで、頼朝と一触即発の事態となりました。このとき嫡男木曽義高を、人質として鎌倉へ送ることで、難を逃れています。

木曽義高と大姫の悲恋について触れた記事→将軍職を”継いだ”女性【北条政子】

さて、松尾芭蕉や芥川龍之介が惚れ込んだという武将、木曽義仲とはどんな人物だったのでしょう。

スポンサーリンク

頼朝より早かった入京、しかし交渉で頼朝に出し抜かれる

1183年5月 倶利伽羅峠の戦い勝利

1180年9月、以仁王の令旨を受け、以仁王の子を擁し、木曽谷で挙兵した義仲。1183年5月、平家の軍を迎え撃った「倶利伽羅峠の戦い」で勝利し、頼朝より早く1183年7月、京へ入ります。平氏は戦わず京都を離れました。

しかし、義仲は自軍の兵の京での狼藉を統制できず、京の治安維持は悪化。さらに皇位継承に口出しし、後白河法皇に疎まれました。9月には、後白河法皇に責められ、挽回のため平氏討伐へ向かいます。

そのすきに、頼朝は後白河法皇に交渉をします。東海・東山道占拠の解除、返還を材料に平家打倒の一の手柄は自分にあると、朝廷・後白河法皇に認めさせたのです。

後白河法皇も義仲ではなく、頼朝に乗り換えました。頼朝は、政治や交渉で、木曽義仲を抑え込んだのです。

院は義仲を、平家攻撃のため西国・水島へ向かわせたすきに、この政略を断行する。もちろん義仲は激怒、京都へ馳せかえるが時遅し、間もなく頼朝の使者(義経)が上洛するから仲良くせよとの院の仰せだ。院と頼朝の政略に翻弄され、腹にすえかねた義仲は京都で挙兵、武力で院を幽閉し、元摂政藤原基房を中核とする政権を打ち立てようとした。『歴史人 JUL.2021 No.127』より

この後白河法皇に戦いを仕掛けることになった、1183年11月の「法住寺合戦」によって、頼朝は義仲を朝敵として攻撃する口実を得ました。

義仲は、福原から上洛をうかがう平氏と、上洛の口実を得た頼朝の襲撃とにさらされることになります。義仲が北陸に逃れる手を模索する中、1184年1月、義経率いる軍勢が宇治から突入し、後白河法皇を確保。北陸へ逃れようとした義仲は近江粟津で討たれました。

この電撃作戦では、上洛をうかがう平家、北陸下向を試みる義仲の動きが肝となる。(義経軍が)京都で平家と衝突しては義仲の思うつぼだし、(義仲に)院を連れて北陸へ逃げられても厄介だ。平家が上洛せず、義仲が脱出しない絶妙なタイミングを図って作戦は結構された。それは京都との綿密な連携なしではあり得ない。近江まで進んだ源範頼・義経軍は朝廷内のおそらくは院周辺の公家を味方にし、情報を得ていたのだろう。さらに義経軍上洛後、範頼軍は近江にとどまり京都に進軍していない。大軍が京都に駐屯すれば義仲軍の二の舞である。京を戦火に巻き込まない、京中での兵士の乱暴を抑止する、そうした方針は京都側の要望であり、それを踏まえて作戦が練られたのである。『歴史人 JUL.2021 No.127』より

京都に嫌われた義仲

義仲を語るいくつかの、エピソードを紹介します。

義仲が京になだれ込む直前の延暦寺との交渉では、「平氏に味方するのか、源氏に味方するのか、もし悪徒平氏に助力するのであれば我々は大衆(僧兵)と合戦する事になる。もし合戦になれば延暦寺は瞬く間に滅亡するだろう」という些か恫喝めいた方法を取った。
北陸宮(以仁王の子)を即位させるよう比叡山の俊堯を介して朝廷に申し立てた。
九条兼実が「王者の沙汰に至りては、人臣の最にあらず」と言うように、武士などの「皇族・貴族にあらざる人」が皇位継承問題に介入してくること自体が、皇族・貴族にとって不快であった。
『平家物語』には狼藉停止の命令に対して、「都の守護に任じる者が馬の一疋を飼って乗らないはずがない。青田を刈って馬草にすることをいちいち咎めることもあるまい。兵粮米が無ければ、若い者が片隅で徴発することのどこが悪いのだ。大臣家や宮の御所に押し入ったわけではないぞ」と義仲の開き直りとも取れる発言が記されている。

この他にも、「平家物語」には、木曽義仲の京でのたくさんの田舎者エピソードが語られました。武将らしい、単刀直入で飾り気のない人柄、と評することもできるかもしれません。が、政権を動かせるような位置にきたからには、これでは通らないでしょう。

この頃は、”養和の飢饉”という1181年からの大飢饉の影響で、まだまだ民衆が苦しんでいました。京都の人々も例外ではありません。そこへ、義仲の大所帯の軍隊が留まるのですから、食糧難はひどくなったことでしょう。
そんな状況で、もし上記のような「青田を刈って馬草にすることをいちいち咎めることもあるまい。」といった発言があったとするなら、疎まれるだけでは済みませんよね。
現実に、後白河法皇と頼朝によって、追い詰められた義仲は自爆的な「法住寺合戦」を決行、2か月後には京を追われて敗死しました。この義仲を討ち落とす「宇治川の戦い」には、義経・範頼軍に協力した京都方の人間がいたとしても、不思議はありません。

交渉技術以前の、配慮のない発言・行動をしたのであれば、腹いせに「田舎者」として数々のエピソードを語られても、仕方がなかったでしょう。武力を持たない京の民衆の、意趣返しが義仲への”あざけり”となって、語られたのでしょう。

家人を思い遣り、忠義を尽くされた義仲

義仲は鎌倉、京都からみると、ひどい評価をされますが、今井四郎兼平ら木曽四天王といわれる忠臣や、巴御前と呼ばれる女武者との美しい主従のエピソードももっています。『平家物語』の「木曾最期」の段はぜひ原文も読んでみてください。

中でも、巴御前と義仲のエピソードは興味深いです。巴御前は軍を動かし、義仲と共に戦った女武者。

巴御前

『源平盛衰記』では、倶利伽羅峠の戦いにも大将の一人として登場しており、横田河原の戦いでも七騎を討ち取って高名を上げたとされている。

宇治川の戦いでは頼朝の忠臣、畠山重忠と巴御前の戦いも描かれ、重忠に巴が何者か問われた半沢六郎は

「木曾殿の御乳母に、中三権頭が娘巴といふ女なり。強弓の手練れ、荒馬乗りの上手。乳母子ながら妾(おもひもの)にして、内には童を仕ふ様にもてなし、軍には一方の大将軍して、更に不覚の名を取らず。今井・樋口と兄弟にて、怖ろしき者にて候」

と答えている。

 

『平家物語』の『覚一本』で「木曾最期」の章段だけに登場し、木曾四天王とともに源義仲の平氏討伐に従軍し、源平合戦(治承・寿永の乱)で戦う大力と強弓の女武者として描かれている。
「中にも巴は色白く髪長く、容顔まことに優れたり。強弓精兵、一人当千の兵者(つわもの)なり」と記され、宇治川の戦いで敗れ落ち延びる義仲に従い、最後の7騎、5騎になっても討たれなかったという。義仲は「お前は女であるからどこへでも逃れて行け。自分は討ち死にする覚悟だから、最後に女を連れていたなどと言われるのはよろしくない」と巴を落ち延びさせようとする。巴はなおも落ちようとしなかったが、再三言われたので「最後のいくさしてみせ奉らん(最後の奉公でございます)」と言い、大力と評判の敵将・御田(恩田)八郎師重が現れると、馬を押し並べて引き落とし、首を切った。その後巴は鎧・甲を脱ぎ捨てて東国の方へ落ち延びた所で物語から姿を消す。

『平家物語』には、上記の巴御前との別れの他、家人、今井四郎兼平との語らい等、巴や兼平の義仲へのお互いの苦しいいたわりの気持ち、美しい主従の絆が書かれています。

巴を逃がそうと、言葉を尽くす義仲に、最後まで忠誠を尽くそうと全力で戦う巴御前。伝説的な人物が実在したという証明はありません。しかし、魅力的なエピソードですよね。

京を蹂躙したのも義仲、このような美しい主従のいたわりを見せたのも義仲。国を治める技量はなくとも、郷里や仲間、家人への想いはことさら深かったのかもしれません。

自分の周囲を思い遣れた、その視点を、京都の人々、さらに日本全体の民衆に広げて持つことができていたら。違った日本史が紡がれた可能性もあったかもしれません。

いかがでしたか?大河「鎌倉殿の13人」では、青木崇高さん木曽義仲を、その子で大姫の許嫁となった木曽義高市川染五郎さんが、巴御前秋元才加さん演じます。個人的には、男武者の首を引きちぎるとまで「平家物語」に描写された巴御前の大力や軍を任され奮闘する姿など、彼女の武将としての演出があれば嬉しいのですが。三谷幸喜さんの描く彼らを楽しみにしたいと思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

参考文献

「日本の時代史8 京・鎌倉の王権」五味文彦著 吉川弘文館

「平家物語の女たち」細川涼一著 講談社現代新書

コメント

タイトルとURLをコピーしました